タイヤを物理する


まず始めに、物理的に非常に単純で、重要なことを書いておきます。

「車の性能を出す」ということは、外界と車とを唯一、物理的に繋げている「タイヤ」の性能と、唯一の原動機である「エンジン」の性能をいかに出すかということで、それ以上でも以下でもありません。

ハンドルも、サスペンションも、ブレーキも、キャンバーも、ミッションも、デフも、マフラーも、高剛性ボディーも、ダウンフォース発生などの空力パーツも、この二つの性能を出すための物で、それ以上の物ではありません。
複雑で多くの車の部品が、単純な物事を解りにくくしているだけです。
この単純で当たり前だけど、重要な事実は、常に念頭に置いておくと良いでしょう。
きっとセッティングや、ドライビングでハマった時に役に立つはずです。

第一部    タイヤを太くすると何故グリップが上がるのか    [ 2008/6/22 updated ]

第二部    車重と荷重とグリップの関係    [ 2008/6/29 updated ]

第三部    タイヤのグリップを最大に出すには    [ 2008/9/22 updated ]

第四部    摩擦円を物理する    [ 2008/9/25 updated ]

第五部    摩擦円は円なのか?    [ 2008/9/26 updated ]

第六部    タイヤのグリップを超えたグリップ力を出す    [ 2008/9/30 updated ]

第七部    タイヤは滑らせた方がグリップする    [ 2009/4/19 updated ]

第八部    ホイールスピンさせると本当にグリップを超えた力が出るのか?(訂正) [ 2011/12/12 updated ]


第九部    タイヤを太くすると、何故グリップの線形領域が増えるのか その1  [ 2018/1/30 updated ]

第十部    タイヤを太くすると、何故グリップの線形領域が増えるのか その2  [ 2018/2/7 updated ]


Top