700円でスポット増しをする (フロント施工インプレッション)


さて、続きです。
恐らく結果が気になると思うので、細かい作業の話の前に結果を先に書きましょう。
 
効果を体感しやすいように、まずはじめに4ドア車(セダン)の、前のドア周りだけに施工しました。
つまり運転席と助手席周りだけってことですね。 後ろはやっていないので、剛性に変化があれば前後の剛性バランスが変わってハンドリングに影響があるはずです。

結果から言えば、明らかに体感できるレベルで変わりました。
具体的な変化は以下の通りです。 私が体感できたものを、出来るだけ分かりやす言葉で書いてみました。
 
1,ハンドルが軽くなった。
2,フロントの車高が上がったフィーフィングになった。
3,ハンドルを切ってから曲がり始めるまでが早くなった、というか同時の印象。
4,アクセルオンで、オーバーステア方向。
5,アクセルオンでコーナリング速度向上。
 

詳細と考察
(が有った方がいいですよね?)

については、駐車場から出てすぐに分かりました。 理由はわかりませんが、とにかくハンドルが軽く感じました。
フロントの荷重が若干減ったのか、シナリが減ってジオメトリやアライメントが変わったのか、あるいはステアリングのタイロッドの動きがスムーズになったのかもしれませんね。

については、車高調整式サスペンションでフロントの車高を上げたフィーリングに似ていました。
まあこれは、ボディー前部のしなりが減ったために感じたのだと思います。 今まではハンモックに座っていた気分だったのが、硬いベッドに変わったようなイメージです。 というより、今まではシナっていたことに始めて気づいたんですけどね(これは剛性アップのあるあるですね)。
特にAピラーの付け根の位置が上に上がったように感じました。

について。 これは気持ちのいい方向の変化です。 ハンドリングレスポンスが大幅に向上しました。
フロントのバネレートや減衰を上げたのに似てはいますけど、少し違う感じです。 なんというか、ハンドルとボディーの一体感が上がったイメージです。 ラグが減って、ハンドルを切ると同時に車が旋回を始めるイメージですかね。
これも今までに特にラグがあるとは思っていなかったんですけどね。
(特にフェンダー内補強をしてからはレスポンスがいいと思っていました)

については文字通り。 4輪駆動車なのでアクセルオンでフロントのトラクションが上がって、オーバーステア方向になりました。 深舵もより効きます。
これらはフェンダー内補強をした時と似た様なフィーリングでしょうか。 トラクションステア効果も出しやすそうです。

はアクセルオン時のアンダーステアが減ったので、当然早く、大きくアクセルを踏めるために旋回速度も上がりました。
 
その他には 余談ですけど、ドアを締めたときの音も少し変わりました。
「ガチャ」から、ボディー全体に響くような高音を含む音に変化しましたかね。
 

まあ私は少しの変化でも感じられるタイプのようですけど、これは誰でも体感できると思いますよ。
正直言って、このまま後ろは未施工でもいいかなと思いました。 それくらい気持ちのいいハンドリングです。

今までと比較してコーナーの入口で弱いアンダーステア方向、アクセルオンで安心感のあるオーバーステア方向なので、四駆でグリップ走行をするならとてもいい挙動でしょう。 少なくとも個人的には好みです。

ただいかんせん、フェンダー内補強も含めて前ばかり剛性が上がっている感が強く、車高が前上がりのフィーフィングが強いです。 そんなわけでハンドリングは悪くないのですが、せっかくなので後ろのドア周りも施工してみました。
少し長くなったので、リア周りの施工については次回に続きます。

Back        Top